氏原巨雄の雑記鳥
by redshank_u
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
twitter
検索
最新の記事
画像一覧
ブログジャンル
自然・生物ランキング
絵日記・イラストランキング
タグ
最新のコメント
お気に入りブログ
メジロガモの交雑例
 これまでいろいろなカモの雑種例を書いてきたが、今回はメジロガモ。メジロガモの雑種はメジロガモ×ホシハジロが時々ヨーロッパで見られている。まだメジロガモの日本での記録が1例しかなかった頃、不忍池でこの雑種を観察したことがある。ほかにヨーロッパでキンクロハジロとの交雑例も観察されている。
 メジロガモの検索は英名で海外の画像をおもに調べてきたが、最近和名で日本での画像を調べてみてちょっと驚いた。メジロガモ、またはその可能性があるとされているものの多くの頭部に緑光沢が見られる。8個体前後見つかった。2羽同所にいて、どちらにも程度の差はあるが緑光沢がある例もあった。
 メジロガモの頭部に緑光沢があるかどうかというと、過去に撮影した画像を確認してみたが、どの角度から撮っても緑光沢は出ていない。ヨーロッパなど海外の多くの画像を見ても緑光沢のある個体は見つからなかった。一例、例外として見つかったのは日本の隣国、韓国の画像だった。これらの個体の多くに見られる共通した特徴として、赤茶色の頭部に緑色の光沢が見られるほか、メジロガモより少し大きめで胴体がやや長いように見える。嘴も少し長めの傾向があるようだ。脇に程度の差はあるがアカハジロ的な白い食い込み部が見られる。これは水に浮いているときは目立たない場合もあるようだ。これらの個体はやはりアカハジロとの交雑個体の可能性があると見るのが妥当ではないだろうか。
 ほとんど忘れていたのだが、6年ほど前、九州から同様の特徴をもつカモについて問い合わせを受けたことがあった。その当時はメジロガモとアカハジロの雑種があるなど思いもしなかったので、アカハジロか?と答え、仮にメジロガモとアカハジロの雑種というものがあり得るなら、それが一番近いと答えた。
 メジロガモに関係ない組み合わせだが、アカハジロとホシハジロの雑種雌がメジロガモ雌に一見似ることがあるので要注意。

画像はメジロガモ雄成鳥生殖羽 1993年 福岡県


Tags:# 
by redshank_u | 2009-03-06 00:51 | ◆カモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://redshank2.exblog.jp/tb/10496699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 近所のカワセミ 2月5日のアイスランドカモメ >>


出版物など
▼HOME(メールはこちらから)




スケッチブック

ブログ内のスケッチをこちらにまとめ、 新たなスケッチも随時追加していきます。


カモメ識別ハンドブック改訂版
(アマゾン)
 (セブンネット) 好評新刊!


■日本で見られる種、今後見られる可能性のある種全てを網羅。カモメの野外観察に欠かせないハンディタイプのカモメ図鑑。
■カモメ識別ハンドブックを大幅改訂。新たに記録された種(亜種)5種を追加。さらに雑種も追加。カモメ類の野外観察で注意すべき点や初列風切の換羽の見方などを基礎から詳しく図解。 後半は複数種の直接比較に重点を置いた写真図鑑、さらに巻頭には基本9種成鳥から学べる検索図付きで、ビギナーからベテランまでカモメファン必携の一冊。
■氏原巨雄・氏原道昭/著
新書判 80ページ  定価1470円(本体1400円+税5%)
文一総合出版


オオタカ観察記 (アマゾン)


■早春のディスプレイフライトから巣作り、交尾、抱卵、育雛、巣立ち、幼鳥の旅立ちまで、オオタカの生態を見続けた1998年から2007年春までの9年間の観察記録 ■氏原巨雄/著 
A5判 上製 160ページ
定価2,730円(本体2,600円+税5%)
ISBN978-4-8299-0158-8 
文一総合出版


オオタカ観察記原画展の予定
■2007年11月1日~11月30日
ジュンク堂書店池袋本店 終了しました
■2007年8月10日~9月13日 ホビーズワールド終了しました


「オオタカ観察記」Special Blog



シギ・チドリ類ハンドブック

(アマゾン)


■日本で記録のある全75種と亜種、13種の未記録種を、成鳥夏羽、冬羽、幼羽、夏冬中間羽、第1回冬羽など、450点以上の詳細な図版で収載。
■氏原巨雄・氏原道昭/著
■A6変形版/68ページ
ISBN4-8299-2185-4
定価1,260円 (本体1,200円+5%税)
文一総合出版


シギ・チドリ類ハンドブック重版出来!

■エサやり防止キャンペーン関連
カモに関する報道についての疑問

(当ブログ)
エサやり防止キャンペーン

MU's Diary)

注目してください!
知床油汚染漂着海鳥問題ブログ


鳥屋的カメムシ観察ブログ


◆当ブログの絵画、スケッチ、写真等の画像、文章の著作権はすべて氏原巨雄に帰属します。許可なく無断転載・複製、配布をすることはできません。


当ブログはリンクフリーです。

◆ブログリンク◆

絵画、スケッチお勧めブログ
●おとうさんのフィールドノート
●日々のスケッチ

●スケッチ感察ノート


お勧めブログ
●きゅーたのひとりごと
●よ ろ ず や Booby の 自 然 観 察

●海辺の風景 カモメが舞う渚
●SHORE BIRDS IN JAPAN

●葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ

●野鳥撮影@銀塩派

●Conservation Report


◆リンク◆
■大阪城公園鳥だより

家族のブログ
●MU's Diary
●良子のお勉強部屋
XML | ATOM

skin by excite