アメリカコガモ雌

明日は渡去前のアメリカコガモ雌をもう一度見て来る予定。もしかしてもういなくなっているかも知れない。

今シーズンは何度もアメリカコガモ雌について書いたので、興味を持ってアメリカコガモ雌探しをしていただいた方もいるようだ。ツイッタ―ほかネット上に候補としていくつか上がっていたが、私が見た画像はすべてアメリカコガモではなかった。すべての画像にコガモである証拠が写っていた。

海外のサイトにコガモとの比較画像で下尾筒の比較を載せたものがあったが、あれは特にオレンジ色の濃いものとコガモを並べているので、あまり重視する識別点ではないと思う。アメリカコガモの方がオレンジ色がかる傾向はあるかもしれないが、白っぽい個体はいくらでもいるし、コガモにオレンジ色が出る個体もいるので識別点とするには不十分。おもな識別点は以前も書いたが、3番目が顔の模様パターンで、2番目が大雨覆の淡色帯、その他数点が挙げられる。

先週は2度のにわか雨と、至近距離に来たこれまで最高の場面で釣り人さんが歩いて来て飛んでしまう不運があり消化不良のまま終わったが、明日は天気が良さそうなので、なんとか有終の美を飾りたい。
f0026420_15542532.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://redshank2.exblog.jp/tb/21775595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redshank_u | 2014-04-12 17:45 | Trackback | Comments(0)

氏原巨雄の雑記鳥


by redshank_u