◆カモメ

ユリカモメ第1回冬羽

 「カモメ識別ハンドブック」ではスペースの都合で詳しく書けなかったので補足説明を。ユリカモメ第1回冬羽とチャガシラカモメ第1回冬羽は形態の違いのほかに、もっとも重要な識別点として飛翔時の翼のパターンがある。翼のパターンが確認できなかった場合、静止時に簡単に見分けるには初列風切の裏を見ればいい。「カモメ識別ハンドブック」のイラストに描いたようにチャガシラカモメは初列風切の裏が真っ黒に見える。白い部分が見えればユリカモメと思っていい。下の写真Aはユリカモメだが、矢印の部分が黒くない。影で判りにくいと思うので、写真Bは画像処理で画像を明るくしてみた。そのほかの補助的な識別点として、「DUTCH BIRDING」の1992年の記事にあるように、チャガシラカモメ第1回冬羽は雨覆などを早く換羽するので褐色斑がなくなり、越冬期の後半には静止時、一見成鳥のような羽色に見えることが多い。

A ユリカモメ第1回冬羽 矢印の部分が白い。ここがすべて黒く見えればチャガシラカモメの可能性がある。
f0026420_848864.jpg
B ユリカモメ第1回冬羽 上の写真に画像処理を加え明るくした。
f0026420_913843.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://redshank2.exblog.jp/tb/7743838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redshank_u | 2008-03-28 09:42 | ◆カモメ | Trackback | Comments(0)

氏原巨雄の雑記鳥


by redshank_u